セクハラ発言が誹謗中傷になる事案

セクハラ発言が誹謗中傷になる事案

誹謗中傷は相手の悪口や信用を貶める言葉などを使って精神的に傷つけることを言います。また、セクハラとは性的な表現の直接的、間接的な手法を用いて相手を嫌な気持ちにさせることです。

そのため、単なる悪口だけでなく、性的な表現を用いたいわゆるセクハラ発言も誹謗中傷となる事案が発生します。

具体的には、会社の男性上司が女性部下に対して、胸の大きさから貞操観念がないという趣旨の発言をしたり、スカートの短さから誘惑しているという趣旨の発言をすれば、これはセクハラ発言になります。

それと同時に、本人への悪口あるいは中傷となって誹謗中傷となりえます。相手の立場に立って、何が性的な発言で相手がどれくらい不快になるのか良く考えてコミュニケーションをとりましょう。

些細な発言が誹謗中傷になりえる?

些細な発言が誹謗中傷になりえる?

インターネット上でよく見かけることがある批判といった内容は誹謗中傷にあたる場合があります。インターネットで投稿をするような内容は匿名であるということで自由に発言しやすいということにもなります。

しかし一方で他人を批判してしまっていることがあります。注意しなければならないのは些細な発言が誹謗中傷にとられるということがあります。

明らかに相手を批判するようなことだけではなく、噂話をするだけで該当することもあります。例えばどこかのお店の噂話も根拠のないものでなんらかの悪い影響を及ぼしてしまうようなことがあれば誹謗中傷にもあたることになります。

インターネットは顔が見えない分些細な発言をしてしまうこともあるため注意が必要です。

ネットに相手のプライバシーを書き込むのも誹謗中傷?

ネットに相手のプライバシーを書き込むのも誹謗中傷?

ネットに相手のプライバシー情報を投稿する事は、果たして誹謗中傷に該当するのでしょうか。結論から言えば、プライバシーに触れる書き込みをしただけでは、誹謗中傷にならない可能性が高いです。

SNSや掲示板に、相手の私生活の様子を投稿するのは、ネットマナーに違反しますが、あくまでマナーの範囲であり、法に抵触する部分は見られません。

例えば「昨日、山田さんは本屋さんに行っていたね、どんな小説を買ったの?」といった書き込みは、厳密に言えばプライバシーの領域に踏み込んでいますが、特に誹謗中傷には該当しませんし、こういった投稿まで規制していては、皆何も話せなくなります。

ただし、基本的に不特定多数の利用者が見るSNSにおいて、相手の私生活を突然暴露するような書き込みはトラブルの元ですので、かなり親しい間柄でもない限り、避けた方が無難です。