誹謗中傷をされたらどんな被害に遭う?

誹謗中傷をされたらどんな被害に遭う?

誹謗中傷の被害に遭った場合、その人の社会的評価が下がってしまう可能性があります。真偽はともかく、ネットで悪い評判が流れてしまうと、それを信じてしまう人も多いです。

そのため、誹謗中傷されてしまった場合には、法的な対応をする必要があるでしょう。名誉棄損や侮辱などに当たれば、その書き込みを行っている人の罪が問える場合もあります。

匿名性が高いため、必ずしも警察が動くとは限りませんが、過去に被害を訴えて誹謗中傷の書き込みをしていた人が検挙された事例もあります。

民事的な方法で書き込みの削除を求める事や、発信者の情報を開示してもらって、そこから直接書き込みした人に対して損害賠償を請求することもできます。ただし、これは金銭的、時間的に負担となります。

誹謗中傷を放っておくとどうなる?

誹謗中傷を放っておくとどうなる?

最近ではインターネットも普及していて気軽に意見を発信したり受け取ることができるようになりました。便利になる反面、様々な問題が起きているのも事実です。

その問題の一つに誹謗中傷があります。誹謗中傷とは根拠のない悪口や嫌がらせのことですが、その対策として相手が飽きるまで放っておくというものがありました。

しかしそれは広がる範囲がそんなに広くなかった頃だからこそ有効だったといえます。現在ではインターネットですぐに自分の知らないところにまで発信されてしまいます。

そしてその情報はいつまでも残ってしまうのです。形をかえて発信し続けられてしまうこともあります。

悪意のあった第一発信者でも追えないところまで広がってしまってからでは収めるためにたくさんの労力を有します。被害を最小限に食い止めるために早めに動くことが大切です。

ネットで誹謗中傷されない為には?

ネットで誹謗中傷されない為には?

インターネットが普及し、さらにSNSというツールも身近になりました。気軽に自分自身の顔写真や個人情報を世界に向けて発信することが出来ますが、その便利さゆえに危険も潜んでいます。

あなたの私生活や外見を妬んだ見知らぬ人が誹謗中傷を掲示板やSNSに書き込みをすることも十分考えられるのです。その誹謗中傷は間違った情報であっても、匿名が主流のネット世界では何が真実かわからず誤った情報のまま定着すること。

そこでネットで誹謗中傷されない為にはSNSで個人情報を極力掲載するのはやめましょう。またユーザー名もネット用のハンドルネームにする事が大事です。どこの誰だか特定されなければ、誹謗中傷のターゲットにもされません。