誹謗中傷はどんな法律違反なの?

誹謗中傷はどんな法律違反なの?

インターネットの普及により、匿名性が高くなった事もあって誹謗中傷被害が増えています。これは大きな社会問題であり、沢山の人が被害にあっています。

何気なくインターネットに書き込んだ一言が、実は法律違反になっている事があるのです。誹謗中傷とは、根拠のない噂話や悪口で、誰かを傷つけ名誉を汚す事を言います。

そのため誹謗中傷は、名誉棄損罪、侮辱罪、業務妨害罪などの罪に問われる事があります。名誉棄損罪になると、3年以上の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金に処するとあります。

誹謗中傷はこのような罪に問われる立派な犯罪です。バレないからと安易に書き込みなどをしてしまうと、逮捕される恐れがあるのです。人を貶めるような真似はしないようにしましょう。

誹謗中傷に遭った場合の法的対処法

誹謗中傷に遭った場合の法的対処法

誹謗中傷にあった場合の法的対処は、刑事上と民事上の物に分かれます。刑事上の物には、犯罪被害者が捜査機関に対して事件の捜査、立件を求める刑事告訴があります。

これは、誹謗中傷を受けた犯罪被害者自身が告訴賢者となります。民事上の対象法は、損害賠償請求や、人格権に基づく妨害排除請求として、書き込みの削除を求めることなどがあります。

いずれも、誹謗中傷の被害者が対処することができる範囲ですが、刑事告訴については特に費用が掛かるわけでもありませんから、やっておくと良いでしょう。

民事上の請求は裁判になると長期化する傾向にありますし、費用も掛かります。そのため、行うかどうかは、個人の判断で検討すると良いでしょう。

誹謗中傷を削除してもらう方法

誹謗中傷を削除してもらう方法

ネット上のブログや掲示板といったサイトでは、誹謗中傷が日常茶飯事で行われています。これは、何もスポーツ選手や有名人に限らず、不特定の一般人も対象になっています。

現に、ネット上の犯罪に関する相談のうち、20%が誹謗中傷の内容で占めています。そのため、誹謗中傷への対策は急務となりつつあります。ネットによる誹謗中傷を削除するには、運営者に依頼する方法があります。

この方法は、SNSや掲示板を運営する者に対して効果がありますが、発信者自身のプライバシー公表する欠点があります。そのような場合は、全国にある法務局より相談する手があります。

法務局の人権擁護機関では、中傷を受けた受信者に対してアドバイスを行うと共に、手続き上困難な場面でもサポートしてくれます。

そして、まずは風評被害を解決するための費用の相場を欠かさずにチェックすることが重要なポイントとして挙げられます。