過去に検挙された誹謗中傷の事案

過去に検挙された誹謗中傷の事案

誹謗中傷が刑事事件として扱われるとしても、実際にどの程度の効力があるのか実例がないと分かりにくいです。この例として、過去に検挙されたものに次のようなものがあります。

有名な話としては、ある芸能人が殺人事件の犯人であるとインターネットの匿名掲示板に書き込まれ、これによって脅迫を受ける状況が続き、刑事告訴されています。

この事件では加害者が複数いて一斉に摘発され、被害者が芸能人であったことから大きく報道されました。また、このような大きな事例でなくても、個人に対して匿名掲示板に根拠のない誹謗中傷の書き込みを続け、実刑判決を受けた例もあります。

このように匿名の掲示板であっても告訴されれば検挙されます。近年はSNSの普及によって短時間で拡散することもあるので、誹謗中傷を行わないように注意が必要です。

男性が誹謗中傷を受けても事件になりにくい?

男性が誹謗中傷を受けても事件になりにくい?

成人男性は未だに法律の世界では社会的な強者として位置づけられており、誹謗中傷などの被害に遭遇した場合、警察に相談しても、適切な対応が受けられません。

基本的に日本の警察は民事不介入の原則を厳守します。良し悪しは別として、現実問題としてSNSで悪口を言われた、ネット掲示板で馬鹿にされた程度のトラブルでは事件化されず、相手の特定や誹謗中傷行為の停止処置なども施されません。

女性が相談に訪れた場合は、対応が一変します。SNSでの誹謗中傷を直接的に取り締まる法律はありませんが、名誉棄損やストーカー規制法などを警察側が解釈し、悪質性が強いケースにおいては、加害者の捜査が開始され、事件化します。

男性は現状、法的な保護を受けづらく、余程深刻な誹謗中傷を受けていない限り、民事不介入の原則が適応されます。

誹謗中傷の悩みを気軽に相談できる事業がある?

誹謗中傷の悩みを気軽に相談できる事業がある?

インターネット上で誹謗中傷を受けてしまった場合、個人で悩み続けるのはやめましょう。悩み続けても解決することは絶対になく、また個人だけで対策に乗り出しても意味がありません。

ではどこに相談をすれば良いのかというと、それは対策を専門としている会社です。インターネット上での誹謗中傷対策に長けた会社があり、そこに依頼することで問題を解決することが出来ます。

その会社は無料で相談を受け付けていることが多いので、まず誹謗中傷を受けてしまった段階で話を聞いてもらいましょう。

気軽に話ができる環境が整っているので、安心して現在の状況を伝えられると思います。相談をした結果、解決方法が見つかり誹謗中傷の問題をいち早く解消することが出来ます。